Excel2010以降のマクロを有効にする方法

よく、新しくパソコンを買い替えた際に、お渡ししてるソフトが動かない、というご相談をうけます。それは、Excelのマクロの有効設定ができていないのが原因です。

Excelにはマクロという機能があります。マクロはVBAという言語で記述され、有効に使えばExcelの力を無限に引き出せる一方、悪質なプログラムを実行することも可能になります。
用心のためExcelの初期設定では、マクロのセキュリティ設定が厳しく設定されています。

マクロを有効に利用するためにはExcelのマクロセキュリティ設定を変更しなければなりません。
Excelバージョンによって微妙に方法が違いますので、今回はExcel2010以降のバージョンで有効にするために方法を紹介します。

まずは普通にExcelを立ち上げて、一番上の左側に「ファイル」タブがあるのでそれを選択。

「オプション」ボタンを選択して下さい。

「セキュリティセンター」を開く。

「セキュリティセンターの設定」ボタンを押す。

「マクロの設定」を選択します。

右側の選択肢から「すべてのマクロを有効にする(推奨しません。危険なコードが実行される可能性があります)」を選択してOKボタンを押して下さい。

以上で、マクロが動くようになりました。ウイルス感染防止のためにも、信頼できないファイルを不用意に開かなようにご注意下さい。

PAGETOP